« W-ZERO3[es]礼賛(4) | トップページ | NHK若い広場「オフコースの世界」を久しぶりに見てみました。 »

2007年6月18日 (月)

クリエイティブディレクター論の名を借りたオフコース論(2)

小田和正という音楽家と、鈴木康博という音楽家が出会って、オフコースという音楽が生まれました。やがて、小田の音楽、鈴木の音楽を超えて、それぞれの音楽は、オフコースという音楽を構成する一部になりました。少なくとも『僕の贈りもの』から『FAIRWAY』までは、そういう感覚だったのだと思います。彼らにとって、音楽とは、つまりオフコースのことだったのです。

もう20年以上経ってしまいましたが、あの頃、私が夢中になったオフコースには、他の音楽を拒絶するような純粋性がありました。オフコースのファンは、傾向として、オフコースから他の音楽に興味を持って、音楽の多様性を楽しむ大らかさがあまり見られなかったような気がします。自分も含めて、そのように感じられます。オフコースを聴くことは、音楽を聴くことではなく、オフコースを聴くことだったのです。

なんか、書いているうちに抽象的になってきましたが、自己表現を超越するもの、と言うよりも、自己表現というものが小さなもの、つまらないものに思えてくる、唯一の抽象的な第三項がオフコースだったのだと思います。あの頃の彼らには、きっとそれぞれがソロ活動をするというような考えは、まったく思い描かなかったはずです。なぜなら、彼らは音楽をやっていたのではなく、オフコースをやっていたのだから。

第三項排除という理論があります。暴力論のひとつです。人が構成する社会は、決定的な対立を回避するために、第三項を設定する、という理論です。第三項を設定して、その排除にエネルギーをついやすのです。国家暴力や、身近なところではいじめなどにもよく援用される理論ですが、その排除という言葉が持つネガティブな印象を取り払えば、小田と鈴木は、オフコースという第三項へすべてのエネルギーを注ぎ込んだと言えるかもしれません。

ある種の抽象性を持った美しさは、こうした抽象的な第三項を設定しなければ生まれないのではないかな、と思うことがあります。ジャズで言えば、ビルエバンストリオ。この場合は、小田と鈴木のオフコースとは違い、生身の3人の人間が、三角形を構成しつつ、第三項排除という現実を超える精神の純粋性という感じでしょうか。現実にはあり得ないかもしれない「永遠の三角形」を目指すという、ビルエバンスというピアニストの精神の運動の美しさです。

でも、こういうある抽象概念に対して懸命になるという関係は、奇跡に近いことだと思うのです。話をクリエイティブディレクター論に戻すと、アートディレクターとコピーライターは、広告という抽象概念のもとでは対等であるべきですが、現実は、本当の意味の対等というのは奇跡に近いことです。

広告は、基本要素としては、言葉と絵でできていますので、必要なのはコピーとアートです。でも、現実は対等ではない。実際は、どちらかが主導権を握るのです。そこには、きれいごとではない、ザラザラした現実があります。たぶん、その主導権を持つ者を、広告ではクリエイティブディレクターと言うのだろうと思います。つまらない結論ですが。

いま、広告会社では、クリエイティブディレクターが重視されています。私の会社のクリエイティブ局長も「広告は、基本的なストーリーはクリエイティブディレクターがつくる。そして表現に対する全責任を負う。」と言います。私は、彼のクリエイティブディレクター論に賛成です。そして、世界の広告会社の潮流もクリエイティブディレクター主義だと思います。

でも、それは、人間の対等という理想に敗北した多くの失敗の上につくられた、ひとつの人間の知恵なのでしょうね。チーム主義の理想と、現実の失敗。ならば、その責任は個人が負うべきだという、ある種の潔さでもありますが、それは、言い方を変えれば、吉本隆明の用語を使えば、対幻想の敗北である、とも言えるのです。

Over_1やがて、オフコースは、「愛を止めないで」のヒット、「さよなら」の大ヒットを境に、急速に小田のオフコースになっていきます。東芝EMIやプロデューサーの意向もあったのだと思います。『We are』と『over』、武道館コンサート10days。そして、鈴木康博の脱退。もうこのあたりのことは語られすぎなほど、多くのところで語られていますので、ここでは詳しくは触れません。けれども、ただひとつ言えることは、小田にとっては、身が切られるほどの敗北感があったはずです。小田にとって、武道館が終わるその瞬間まで、音楽とはオフコースだったのだから。

鈴木康博は、そういう奇跡の綻びに、小田よりも早く気づいたのだと思います。その点、小田は無邪気だった。鈴木康博脱退からほどなく、小田は「なによりもオフコースというブランドを守らないといけないと思った」という趣旨の発言をしています。当時、もうオフコースに興味が失せていたのもありましたが、その小田の発言がなぜだか薄っぺらく感じました。

けれども、今、小田さんの真意が痛いほど分かります。彼が、オフコースという「ブランド」を守ろうと思った気持ちを。たぶん、小田さんは、オフコースを、他人の力でなく、自分で終わらせたかったんだと思います。自分で、この理想の終わりを見なければ、先へは進めない。そう思ったのだと思うのです。

ゆっくり漕ぎ出したね
ちいさな舟だった
僕らはこの舟を
止めようとしている

もうやり直せない
二度とは戻れない
生きてゆくこと
悲しいね

ああ いつ頃から
急ぎ始めたのだろう
いくつもあった
分かれ道

『愛のゆくえ』鈴木康博作詞・作曲
アルバム『I LOVE YOU』所有

ふたりで追いかけた 
青い日々がこぼれていく
やがてひとり 
窓の外は冬

心はなれて 
あなたのこと 
見えなくなる
もうここから 
先へは行けないね

『心はなれて』小田和正作詞・作曲 
アルバム『over』所有

|

« W-ZERO3[es]礼賛(4) | トップページ | NHK若い広場「オフコースの世界」を久しぶりに見てみました。 »

オフコース」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん前の記事ですが、鋭い見解ですね。大変共感しました。

他の記事で「小田さんが一番のオフコースファン」だと書かれておられるのにも大変納得しました。
生きること=オフコース
だったのですよね。

そして、解散後もオフコースブランドを守ること。
なんとまあ正直に発言したものだと現在の自分は彼の若さを感じてしまいますが、一方で、彼のそういった「時の流れ」や「価値」の捉え方が達観している点に驚きを隠せません。

66歳の現在も小田さんは一貫してその言葉を裏切らない活動を続けています。

彼が今も現役としてアルバムをリリースし、オリコンに顔を出す。商業主義だと一部で言われようとCMやドラマとタイアップしてメディアに露出する。

現代は便利な世の中。
小田和正、で検索すればもれなくオフコース、がヒットする。youtubeもいろいろ引っ張ってきて見せてくれる・・・


昨年くらいに、小田さんの活動のモチベーションの裏?に溢れんばかりのオフコース愛を一端として見出だしました。(気付くの遅いですね・・・)

彼の、思いっきり今を生きている面と、オフコースという過ぎ去った時間を愛しく大切に思う面とが、今の楽曲を、マンネリと揶揄されようが書かせているのかもしれません。

アルバム どーも を区切りに、一旦ひっそりと休止しようと実は考えていたのではないかと推測しています。

50歳で大事故を経験し、60を過ぎて引退が頭をよぎっていた時に311が起こり・・・小田さんは(大袈裟に言うと)自分の天命?みたいなものを思ったのではないかと。

ちょっと賛美しすぎな文章に走ってしまいましたが、
小田和正の、醒めたリアリストのセンス・判断についてもっと知りたくなりました。
彼の、歌バカ だけではない、そんな面には、同居する少年性と併せて、自分が中学生の頃から興味を惹かれ続けています。


投稿: mako | 2014年8月27日 (水) 16:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/15473903

この記事へのトラックバック一覧です: クリエイティブディレクター論の名を借りたオフコース論(2):

« W-ZERO3[es]礼賛(4) | トップページ | NHK若い広場「オフコースの世界」を久しぶりに見てみました。 »