« あなたは「広告の」神様を信じますか。 | トップページ | 『TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS』の翻訳をめぐって。 »

2007年9月21日 (金)

人間は変わらないのに、時代は変わっていく。

 人間は変わらないのに、時代は変わっていく。なんとなく、すべてはそこにあるんだなと思いました。古典文学がいまだに面白いのは、人間って、そうそう変わるもんじゃねえぞ、っていう証拠だと思います。だけど、そんな人間をとりまく時代は確実に変わっていくんですよね。当たり前のことだけど。

 よく時代が変わると人間が変わる、みたいなことを人は言いたがるけど、なんとなくそれは違うような気がします。人間は時代なんかで変われるような柔軟性は、本当は持ち合わせてなくて、だけど、時代はそんなことおかまいなしに変わるから、そこに時代ならではの人生の悲喜劇があるんだな、と思うんですね。

 時代を読むっていう行為は、私は、なんとなく時代に合わせて自分を変えていこうという感じがして、じつはあまり好きではありません。だけど、それでも、いま確実にある変化の意味ってなんだろうと、どうしようもなく考えてしまうのは、時代なんかじゃ変われない人間が、時代の変化に翻弄されずに、つまり時代に潰されてしまわないように、出来る限り時代を正しく把握しておきたい、ということなのかな、とも思うようになってきました。うまく言葉にできないけれど。

 それとも、時代の変化なんかに俺様を変えられてたまるか、という自意識なのでしょうか。人間は考える葦と言いますが、考えることだけが、時代が変わっても変えることができない人間の、ただひとつ許された屁の突っ張りのような気がします。たいした知識も見識もなく、自分の周りのことからしか考えられない私であっても、やっぱり、考え続けるしかないのかな、と思います。

 そして、それぞれの人たちの考え続けるという孤独な行為が、ブログというツールにとって目に見える形になって、距離や時間や世代を超えて、ほんの少しだけ触発されたり、連帯できたり、共感したり、反発したり、反応したりできる今という時代は、考えるという一点をとってみれば、私たちは幸せな時代に生きているんだなと、撮影を開始して、まもなく24時間目を迎えようとしている東映撮影所にて、ぼんやりと考えています。

|

« あなたは「広告の」神様を信じますか。 | トップページ | 『TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS』の翻訳をめぐって。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/16518389

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は変わらないのに、時代は変わっていく。:

« あなたは「広告の」神様を信じますか。 | トップページ | 『TAKE ME HOME, COUNTRY ROADS』の翻訳をめぐって。 »