« 別にキザなことを書くつもりはないけど、いろんな意味で、広告と恋愛は似ていると思います。 | トップページ | 「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」 by Miles Davis »

2007年11月 8日 (木)

んなもん知らんがな。

 ここのところ仕事で夜が遅く、家に帰るのが深夜になってしまいます。で、帰ってきてまずすることがラジオのスイッチを押すこと。もちろんFMなんかじゃなくてAMです。知らなんがな。

 というわけで、タイトルの話題に。深夜はAMラジオを聴くのですが、水曜深夜はTBSラジオの「雨上がり決死隊のべしゃりブリンッ!」。そのコーナーでなかなか面白いのが「知らんがな」のコーナーです。たとえば、今日採用されたネタは「うわっ、俺、気づいたらアーモンドチョコばっか食べてるわ。なんでやろ、なんでやと思う?」「知らんがな!」という感じです。

 このブログは「ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね)」と決める前は、「んなもん知らんがな。」にしようと思っていたこともあり、なんか「知らんがな」のコーナーに親近感がわくんですね。ちなみに「んなもん」は「そんなもの」の大阪弁で、「そんなもん」に感情を入れたときの発音を表記したもの。ちなみにエントリに「。」をつける癖は、広告屋だからですね。やっぱり、タイトルというよりキャッチコピーに近い感覚があるんですよね。んなもん知らんがな。

 ブログって、言ってみれば「んなもん知らんがな。」そのものですよね。社会派ブログとか、アニメなどの趣味ブログとかは、それなりに情報に意味というか意義があるのでしょうが、私が書いているブログなんかは、ほんと読む人にとっては「知らんがな」の連続でしょうね。これは私のブログに限らず、私が愛読している多くのブログも「知らんがな」系です。

 余談ですが、有名人ブログなんかは、ブログになると商売で書いている文章やおしゃべりとの落差で、有名じゃない人のブログよりも「知らんがな」度がきわだつ傾向にありますね。「今日は久しぶりのオフ。この頃はまっているのが焼酎。うまいんだなあ、これが。私は断然、芋派‥‥」知らんがな。

 それぞれの人が、それぞれの状況で生きていて、その生活の中で思ったことを書き綴るのがブログだとすれば、その人以外は「知らんがな」になりますよね。でも、そういうところが、ブログの魅力の魅力なんでしょうね。なんか万葉集みたいで、ギザ好ましすなあ、という感じです。読みながら、納得したり、共感したり、反発したりしながら、読み終えて、すっーと息を吸って、んなもん知らんがな、とつぶやく感じがブログだなあ、と思います。

 で、明日もまたブログを覗きに行って、あっ、元気そうだな、顔も名前も知らない人よ、みたいな感じで読みはじめて。そして、明日もまた、納得したり、共感したり、反発したりしながらつぶやくんでしょうね。んなもん知らんがな、って。と書く私のブログも、そんなふうに読まれたらうれしいなあなんて。知らんがな。

|

« 別にキザなことを書くつもりはないけど、いろんな意味で、広告と恋愛は似ていると思います。 | トップページ | 「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」 by Miles Davis »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「んなもん」は方言ではありません

投稿: 名無し | 2008年1月 5日 (土) 23:46

記述が正確ではなかったかもしれません。正しくは「そんなもの」の「もの」が関西では「もん」になる傾向が高く(ばったもん、ぱちもん、とっぱもんなど)、「そんなもん」になり、それが話し言葉では「そ」が略される傾向にあるということですね。

投稿: mb101bold | 2008年1月 6日 (日) 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/17010382

この記事へのトラックバック一覧です: んなもん知らんがな。:

« 別にキザなことを書くつもりはないけど、いろんな意味で、広告と恋愛は似ていると思います。 | トップページ | 「いいプレイをする奴なら、肌の色が緑色の奴でも雇うぜ」 by Miles Davis »