« 「たかがブログ」と書かれたコインの裏側には、「されどブログ」という言葉が書いてありました。 | トップページ | 「場、表現、インタラクション」 »

2007年11月 2日 (金)

「ギター塗り絵」は売れるだろうか。

 SPA!を読んでいたら、気になる広告が。キャッチコピーは「憧れのギターが塗り絵に!自分だけの1本を描き上げよう。」と明朝体で。リットーミュージックの書籍『ギター塗り絵 ロックの時代を彩った名器8本を塗る』とあります。定価は998円。広告ビジュアルは、金色の額に縁取られた、ストラトキャスターの「塗り絵」の完成図。色鉛筆か水彩絵具で彩色されています。
 この本を買う人を考えてみました。ギター好きでロック好き。そして、塗り絵好き。うーん、塗り絵好き。マンションの一室で、クラプトンを聴きながら、バーボンをかたむけ、じっくり色を重ねていく。そんな感じでしょうか。というか、そんな感じ、あるのだろうか。ちなみに、この本には色鉛筆や水彩絵具は付属してないらしい。色鉛筆か水彩絵具の所有が購入の前提。
 通常、このようなニッチ商品がSPA!のようなメジャー誌に掲載されるのは、水面下でブームになっている時です。メジャーに打って出ようという時です。ということは、知らないのは私だけか。なんだ、今頃こんなエントリを書いて、遅れてるー、と私は女子高に馬鹿にされてしまうのだろうか。そもそも、このブログは女子高生に読まれているのだろうか。うーん、どういうことなんだろう。

|

« 「たかがブログ」と書かれたコインの裏側には、「されどブログ」という言葉が書いてありました。 | トップページ | 「場、表現、インタラクション」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/16948343

この記事へのトラックバック一覧です: 「ギター塗り絵」は売れるだろうか。:

« 「たかがブログ」と書かれたコインの裏側には、「されどブログ」という言葉が書いてありました。 | トップページ | 「場、表現、インタラクション」 »