« 広告会社の再編で何が変わって何が変わらなかったのか | トップページ | ブランドって何だろう(1) »

2008年8月 7日 (木)

できません。

 ということを言ったことが、あまりないです。仕事に関してですが。これは、特に偉いわけでもなんでもなく、クリエイーターという人種に特有の倫理観。とりわけ年配の人に顕著に見られます。まわりも、そんな人ばっかりだし。

 あまり勝ち目のないコンペ作業。ことの成り行きで、制作担当の役員と一緒に作業。急な仕事でもあり、若いコピーやアートのスタッフは、次々脱落。できません。作業があるので、できないかもしれません。見てると、まあ確かに忙しそう。

 そういうの、正直、ちょっとわからない部分はあるんです。自分の中にそういう考えがないから。できるやろ、と。役員でさえ、受けたからには老体にむち打ちやってるやろ、と。おっちゃんかて、忙しいんやで、と。まあ、言いたいことは、いろいろあるかもしれんけど。受けたからには、やる。やる前提の融通はいくらでもきくけど、途中でできないっていうのはね。

 大人は怒ったりはしないから、ニコニコやってるけどさ、心の中では、とまあ、愚痴ってみるも、考え方を変えると、できません、を言わない私のようなタイプは、けっこういいかげんなのかも。いい言い方をすると、融通がきくタイプ。悪いいい方をすると、わがまま。

 その年配の役員なんかは典型だけど、打ち合わせの時間もぜんぶ自分の都合。それがわかっているから、第一優先の都合を考慮しつつ、あるときは無視しつつ、こっちも自分の都合でどんどん動く。そんな感じでやってるから、「その時間都合悪いんです」「まあ、いいよ。」みたいな感じで、わりとおおらかに危機を乗り切れる。

 で、そんな工程表無視のふるまいで、唯一見ていること。それはケツ。締め切り。そこだけ見て、やらなきゃいけないという危機感のセンサだけ同期させておく。たいがいは、それでうまくいく。

 てな話を、プレゼン前の空き時間にルノワールでこれ書いている私なんかは、すげーいいかげんに見えるんだろうな。余裕あるやんか、と。まったく余裕ないんですけどね。でも、そういういいかげんさで見えなくなっているもの、たくさんあるんでしょうね。でも、反省はしないですけどね。

 追記。

 考えてみると、愚痴っていうのは、ケツを割らない人にだけ許された、つかのまの息抜きなんでしょうね。暮らしの知恵っていうか、仕事の知恵っていうか。家族についての愚痴っていうのは、家族の絆みたいなものの信頼の上でしか成り立ちそうにないし。うちの嫁、あれなんですわ、っていうのは、嫁さんへの信頼が前提。そんな感じです。

|

« 広告会社の再編で何が変わって何が変わらなかったのか | トップページ | ブランドって何だろう(1) »

愚痴ってしまいました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/42094882

この記事へのトラックバック一覧です: できません。:

« 広告会社の再編で何が変わって何が変わらなかったのか | トップページ | ブランドって何だろう(1) »