« 過渡期としての企業とウェブの関係 | トップページ | 広告は普遍だろうか »

2008年9月 2日 (火)

ポスト福田とか本当に興味がなくなってきたなあ

 例の話題をスタジオの中で聞いて、そんでもって、それなりに大騒ぎをしたけど、感想としては、ああまたか、みたいな感じ。世間では、ポスト福田は誰か、という話題に移りつつありますが、ほんと興味がなくなってきた。学校で習ったアパシーってやつですね。いろいろ考えてのことでしょうが、その背景がちょっと見えにくいし、もう無責任と言う気もうせるし、物語のつくり方としても下手だなあ、と思ったりします。

 かろうじて医療問題がどうなるか、景気はどうなるか、というので政治とはつながっているけど、自民党の危機が日本の危機という物語も、なんだかですし、うーん。いろいろ高度な政治的な問題もあるでしょうけど、その問題が今回の軽い感じとあってないというか。そことつながらない感じがする政治の見え方は問題かも。なんでしょうね、この感じ。こういう感情も記録しておこうかなと思ったので、徹夜明けのぼんやりした頭で、とりあえずメモ。

|

« 過渡期としての企業とウェブの関係 | トップページ | 広告は普遍だろうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/42358955

この記事へのトラックバック一覧です: ポスト福田とか本当に興味がなくなってきたなあ:

« 過渡期としての企業とウェブの関係 | トップページ | 広告は普遍だろうか »