« 秋だからですよ。 | トップページ | 高円寺のこと »

2008年11月 1日 (土)

「失敗をするな」というメッセージ

 世相が世知辛くなってきて、何事にも、通奏低音に「失敗をするな」というメッセージが鳴り続けているような気がします。よく言われる「失敗を恐れるな」というかけ声にも、「でも失敗はするな」という通奏低音が耳をすませば聞こえてくるような。確かに、これだけ経済状況が苦しくなってくると、失敗が許せなくなる気持ちもわからなくはありません。でも、「失敗をするな」という通奏低音が鳴り続けている限り、表面的なスローガンがどれだけ明るく建設的であっても誰も怖くて新しいチャレンジなどしなくなります。

 こういう状況の中ではスローガンを叫びつづける立場が最も「おいしい」立場になります。美しいスローガンを大声で叫び続け、それが実現できなければ、それはスタッフのせい。「俺が考えている理想をなぜスタッフは実現できない。ああ、くだらねえやつらに囲まれた俺は不運だぜ。」と愚痴っていれば、とりあえずは、状況が自尊心を傷つけることなく楽しく毎日を過ごせます。そのうち、現場スタッフもみんな、仕事を忘れてスローガンを大合唱。ああ、俺たちができないのは会社が悪い、時代が悪い。ああくだらない。そんな暇があったら、企画書書けよ。まあ、ぶくぶくと肥大化した自意識で楽しく過ごしてちょうだいな、と思います。

 私は、なにごとにもある一定の割合で失敗は出てくるものだと思っています。なにかをやろうとしたら、ある程度は失敗のリスクはあるでしょう。失敗をなくすためには、何もやらない、しかありません。だから「失敗はしょうがない」、と考えます。むしろ、何か新しいことをやるためには、一定の失敗リスクを吸収できるシステムを用意することのほうが大事。というか、これに尽きるかも。失敗したときに、「まあしゃあないわな」と言えるだけの余裕を持っていることが大切。でも、同じパターンの失敗は1回だけですけどね。2回目は駄目。失敗から学ばなかったわけだから、この時は怒ります。

 そんな割合地味な原理原則でチームを運営していたりするんですが、地味ながらも、それなりに新しいことにチャレンジできているし、大きな失敗もなく(要するに小さな失敗を組み込んでいるからこそなんでしょうけどね)、スキルや責任の大小にしたがって、それぞれ不満はあるようだろうけど、まあそれは私の聞こえないところで私の悪口を言って解消するなどして、なんとか楽しく成果を上げられているような感じがします。

 今、ちょっと心配なのは、そんな地味だけどそれなりに楽しげなチームが、ガラパゴスっぽく会社で見られてしまっているところ。長年広告をやっていると、会社組織の習性がわりと読めてきて、ああ、もうすぐおせっかいが始まるだろうなあ、という感じがするんですね。スローガンを叫ぶ人が、コラボしようぜと近づいてきそうな予感。当然、拒否しますけどね。だって成果が確実に落ちるもの。

 それにしても、こういうのだけは私は苦手なんですよね。たいがいのことは、まあええわ、人それぞれやし、と思って見過ごせるんですが、このタイプのあれこれについては、進退をかけてでも抵抗してやる、と思ってしまうんですよね。なんなんでしょう。もう見過ごせないんですよね。ちょっとばかり許せないという強い気持ちもあります。

 こういうことで2年くらいは簡単に棒に振ることになるし、結局、そのコラボに付き合うと、責任はなぜかそのスローガンをはじめから信じていない私がすべて負うみたいなことになりがちだから。もう、棒に降るのは御免だなあ。そのときの、スローガンを叫ぶ人の逃げっぷりは見事なもんで、それを目の当たりにするとしばらく人間嫌いになります。

 健やかに仕事をするためには、ちょっとした抵抗も必要なんだろうな、と思います。こんな時代だから、地道に黙々とというのじゃ駄目なのかもしれません。でも、やっぱりね、地味に黙々と、というのは大事だとは思いますけどね。「10年間毎日ずっとやって、もしそれでモノにならなかったらオレの首やるよ」と言った吉本隆明さんの言葉を私は信じているから。進歩なんてものは、科学だって何だって、毎日の地道な更新の中にしかないとも思うし、スローガン1発ですべてが生まれ変わるなら、こんなに苦労はしないし。

|

« 秋だからですよ。 | トップページ | 高円寺のこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
少し前より興味深く読ませていただいていました。
ここ5年くらい前からデザイン、イラストの仕事を細々フリーでやっています。mb101boldさんとほぼ同い年です。
専門の学校も行かないまま、他業種から転向し、独学で地道にやってきました。
幸いお客様にも恵まれ(色々な意味で...)少しづつだけど進歩しているはずだ!と信じてやってますが、よく、いや本当によく壁にぶつかります。
実は今も.....
そんな今、読んだ最後のこの言葉。

>進歩なんてものは、科学だって何だって、毎日の地道な更新の中にしかないとも思うし、スローガン1発ですべてが生まれ変わるなら、こんなに苦労はしないし。

力、わきました!
ここに来ると、何かしら力をもらっているような気がします。

投稿: だしまき | 2008年11月 2日 (日) 08:55

だしまきさん、はじめまして。
経済もこんな状況ですし、今後もいろいろ困難はあるとは思いますが、お互い、なんとかコツコツとしのいでいきたいですね。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: mb101bold | 2008年11月 2日 (日) 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/42978648

この記事へのトラックバック一覧です: 「失敗をするな」というメッセージ:

« 秋だからですよ。 | トップページ | 高円寺のこと »