« アップル讃 | トップページ | あの頃、僕らは確かに »

2010年6月 2日 (水)

どうでもいい話

 

1 

 部屋の掃除が終わって出かけようとしたら、携帯電話が見つからなかったんです。いろいろ探すも、どこにもなくて。

 困ったなあ。どうしようかな。あっ、いいアイデアがある、ということで、PCで自分の携帯電話にメールをしてみました。

 ブルルルルル ブルルルルル

 部屋ではなく、なぜかベランダから着信バイブの音。携帯電話は、ゴミ袋の中にありました。なにやってるんでしょうね。メールしなかったら、絶対に見つからなかったですね。

 

 スパムコメントが来ました。いつもは速攻削除。でも、「アップル讃」というアップルが時価総額でMSを抜いたことについて書いたエントリに届いたスパムコメントは、不覚にも公開しそうになりました。こんなんです。

iPadに夢中になりすぎて、鍵をなくした場合などは鍵屋の○○○○をネットで検索して、是非お願いします。

 ○○○○のところは、鍵屋さんの屋号が入ってました。テンプレがあるんでしょうけど、内容を読んでコメントを書き込んでるみたい。ひと手間かかっているところが愛嬌ありますね。

 コメントそのものを入力して検索すると、いくつものバージョンがあるようです。でも、屋号をそのまま載せずに○○○○にしてしまうなんて、我ながらケチ。

 

 郵便受け。ピザやら引越やら借金整理やらのチラシがたくさん。内容を確かめずにゴミ箱行き。広告屋としては胸が痛むけど。

 そんな中、気になるチラシが。というか、紙の切れ端が。コピー用紙にプリントされたワープロの文字。その部分を雑にハサミで切った、5cm×15cmくらいの紙片。

○○党もダメだった。学生時代に支持していた
○○○○党しかないと今更ながらわかった!!

○○○○党はダメ。良いと思った○○党もダメ
だった。やはり○○○○党しかない!!

 本物はちゃんと党名が入っていましたが、一応伏せ字。でも、文脈でそれぞれがどこの党かはわかりますよね。

 ネガティブプロモーションっぽい感じがしないでもないですけど、いろんなチラシの中では、とりあえずはいちばん目立ってました。手法もコピーも、ローテクで雑なところがよかったのかも。でもなあ、こんなものが目立ってしまう時代っていうのも考えものだよなあ。

 というか、がんばれ俺。

 

 もし、フーコーとドゥルーズが今も生きていて、Twitterとかmixiとかをやっていたとしたら。というか、mixiはやらないだろうけど、仮定の話。

 どちらも得意そうな顔で言うんじゃないでしょうかねえ。

「な、見てみ。俺の言うたとおりになったやろ。」

 まあ、フーコーの「言うたとおり」とドゥルーズの「言うたとおり」は真逆なんですけどね。

|

« アップル讃 | トップページ | あの頃、僕らは確かに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214429/48519934

この記事へのトラックバック一覧です: どうでもいい話:

« アップル讃 | トップページ | あの頃、僕らは確かに »